一般財団法人 アイ教育財団 一般財団法人 アイ教育財団

第1回 在日エッセイ賞 作品募集 第1回 在日エッセイ賞 作品募集
第1回 在日エッセイ賞 作品募集

事業実績

第6期2021(令和3)年度

第6期 奨学事業
第6期 奨学事業
第6期 奨学事業
第6期 奨学事業
第6期 奨学事業
第6期 奨学事業

一般寄附金

有限会社エムケイカンパニー様705万円、株式会社ピーコス(朴𣳾秀)様120万円、株式会社MKLINE様100万円、株式会社MKONE様91万円、有限会社ミライキカク様75万円、黄南植様40万円、黄充宏様36万円、構創舎株式会社様30万円をはじめ82名の方から1,353万2,717円、指定寄付金は17名の方から191万6,018円、合計1,544万8,735円を寄付していただきました。

事業の内容

(1) 教育助成事業

愛知朝鮮中高級学校245万円、名古屋朝鮮初級学校605万円、東春朝鮮初級学校99万6千円、愛知朝鮮第7初級学校44万4千円、豊橋朝鮮初級学校70万8千円、合計5校に1,064万8千円の学校教育振興助成事業が行われました。

(2) 奨学金給付事業

小学生(初級部)5名60万円、中学生(中級部)2名24万円、高校生(高級部)7名84万円、大学生4名48万円、合計18名216万円を支給しました。

(3) 多文化交流支援事業

「第一回在日エッセイ賞」チラシ製作費として37万5,650円を支給しました。

(4) 子育て支援事業

幼稚園児全員に年間9千円以上のおやつ代として15万2,587円を支給しました。

感謝の声

2021年度奨学金を受給された方々からの声の一部です。

  • 4年前に離婚し、実母の協力を得ながら子供を朝鮮学校に通わせていますが、学費や通学費の負担が多くて毎日悩みの連続です。日本学校に通わせれば、金銭的にどれだけ楽かと思いながら、やはり朝鮮学校でしか学べないことがあるので歯を食いしばって送っている中、奨学金は本当にありがたいです。コロナ渦の影響で勤め先の業績悪化で給与も減り、やりくりはしていますが生活状況は一向に改善しません。財団のご支援を無にしないように、子育てに頑張ります。有難う御座いました。(春日井市内40代の女性)
  • 主人が病気で倒れ、新型コロナの影響もあり収入が一挙に激減する中、子どもの教育費の負担を軽減して下さる奨学金を頂けるのは涙が出る思いです。日本政府や自治体がもっと、朝鮮学校に助成金もたくさん支給すれば、朝鮮学校の月謝も下げられるのに、何とかならないものなんですか?子どもには暗い影響を与えたくないと思い、必死で働いていますがもう少し改善があれば助かります。子どもにいっそのこと日本学校へ行ってみたらどうかと相談したら、絶対に行きたくないというので仕方なく送っています。来年もよろしくお願いいたします。(名古屋市内30代の主婦)
  • 現在、学費の半分をアルバイトなどの自費と両親からの援助でまかなっていますが負担が非常に大きく困っています。学業とアルバートの二刀流ですが、何とか大学は卒業して父母の期待に答えたいと思っているので、返済のない奨学金は非常に助かります。今後、バイトの費やす時間を減らし学業に専念したいと思います。(名古屋市内男子大学生)

お気軽に
お問い合わせください

お電話からお問い合わせ

052-823-8155

受付時間 / 平日9:00 〜 17:00

フォームからお問い合わせ

お問い合わせフォーム

Page Top